wordpressブログに関連項目を表示する


プラグイン『WordPress Related Posts』を使用して、ブログ記事の下部に関連項目を表示させてみます。所要時間5分くらい。

ブログの記事を読み終えた後、気になる見出しを見つけるとついつい釣られて気になってクリックしてしまいますよね。この需要を発生させるには、関連項目の表示が不可欠。今回はその機能を、プラグインを用いて追加してみます。

 

スポンサードリンク

WordPress Related Posts のインストール

wordpressのメニューから、プラグイン→プラグインの新規追加を選択。上記のような画面で『WordPress Related Posts』をインストール→有効化をします。プラグインを使う方にとってはお馴染みの処理ですね。

 

各種設定

wordpressのメニューから、設定 → WordPress Related Postsを選択。こちらが設定画面となります。変更しておきたいものは以下の通り。

 

関連項目部分のタイトル。デフォルトは日本人向けではないので、『関連項目』あたりに変更しておくのが無難です。

 

Basic settings → Number of Posts

関連項目として表示される記事の数です。ブログの見栄えと相談して加減してください。デフォルトは6個。

 

 

Advanced settings → Layout

関連記事の表示方法を変更できます。こちらもブログの見栄えと相談。

 

Auto Insert Related Posts

関連項目を記事に自動挿入するように設定できます。phpをいじるのが面倒な方は、チェックを入れておきましょう。チェックを入れない場合の処理は後述します。

 

その他、Customizek項目を変更すれば、コメント数などの表示も可能になります。このあたりはお好みでどうぞですね。変更後は、save changes をお忘れなく。

 

スポンサードリンク

記事内で項目指定

wordpressにログインしている状態で自分の記事のページを見ると、関連項目に上のようなオレンジのボタンが出現していると思われます。このボタンから、記事毎に手動で関連項目を指定できるので、紹介したい記事などがあれば設定しておきましょう。こちらも、指定後はSave and Closeを忘れずに。

 

挿入場所を指定する場合

Auto Insert Related Postsk項目でチェックを入れた場合、関連項目は記事の真下に表示されます。これでも悪くはないのですが、レイアウト的に気になる方もいるかもですね。そんな時は、phpをいじって挿入場所を指定しましょう。

wordpressのメニューから、外観→テーマの編集を選択。画面右のテンプレート項目から『個別投稿(single.php)』を指定します。phpファイル内の好きな所に、<?php wp_related_posts()?>という文を追加してください。因みに自分は以下のように配置しています。ご参考までに。

直帰率を下げるキーとなるであろうプラグインですので、未使用の方は是非。それではまた。

スポンサードリンク