wordpress用プラグイン『Custom Permalinks』でカテゴリーページをカスタマイズ


wordpressの初期設定では、パーマリンク内に /category/ 部が付いた、特定カテゴリのリンクを抽出するページに飛びますよね。この部分をカスタマイズできればかなり使いやすくなるのでは?ということで。実際に作成してみました。

カテゴリーページの編集は、phpを弄ってつくる方法が有名なようですが。プラグイン『Custom Permalinks』を使用すれば、、簡単に投稿ページをカテゴリーページとして扱えるようになります。php的に正しいかは確認していませんので、使う方は自己責任でどうぞ(おい)

スポンサードリンク

プラグイン『Custom Permalinks』の有効化

Custom Permalinks』は、ページのURLを自由に変更できるプラグインです。こちらを有効化すると、初期設定で /category/ が付いていたカテゴリーページのURLを自由に変更することができるようになります。そのほかにも活躍の機会が多いツールですので、非常におすすめです。

wordpressのメニューから、プラグイン→プラグインの新規追加を選択。上記のような画面で『CustomPermalinks』をインストール→有効化をします。プラグインを使う方にとってはお馴染みの処理ですね。上図は既に有効化済みですのであしからずです。

 

新しいカテゴリーページの作成

新たにカテゴリーページとして使用する投稿ページを作成します。固定ページ、もしくは投稿ページの新規作成からどうぞ。

このとき、URLをカテゴリーページとして使うものに指定しておく必要があります。

例:このブログのプラグインカテゴリ → null-game/wordpress/plugin

記事の内容自体は自分の好みで作って問題ありません。自由ってすばらしい。

 

スポンサードリンク

カテゴリーページのURL変更

実際にカテゴリーページのURLを変更してみましょう。wordpressのメニュー欄→カテゴリを選択し、変更したいカテゴリを選択してください。

プラグインを有効にしていると、②の部分にパーマリンクを編集できるボックスが現れます。デフォルトで /category/ が付いているので、先ほど作った固定or投稿ぺージのURLに変更です。

例:category/plugin → wordpress/plugin

これで変更は完了です。簡単ですね。

この設定をしておけば、カテゴリ一覧からは勿論、パンくずリストなどからのリンクにも対応してくれます。有能。

スポンサードリンク