5分ではじめるVBA


VBAの初期設定と至極簡単なプログラムの実行をしてみます。所要時間は5分くらい。

エクセルで毎度毎度同じ作業をするのって、面倒なことこの上ないですよね。でもその処理、1度マクロを組んでしまえば、ボタン1つで完了してしまうのです。VBAVisual Basic for Applications、縮めてVBAは、そのマクロを作成するために使われるプログラミング言語です。

説明云々よりも、まずは実際にプログラムを組んで実行してみましょう。初期設定も込で僅か5分程で終わります、ご安心くださし。

 

スポンサードリンク

開発タブを追加する

エクセルの初期設定では、VBAの開発用のタブは非表示になっています。まずはそこの設定を変更していきましょう。ファイル→オプションを選択して、オプションページを開いてください。

リボンのユーザー設定を選択し、開発の項目にチェックを追加。OKボタンをクリックです。

 

プログラムを作成する

開発タブからVisualBasicの項目を選択。プログラムを書くエディタが出現します。俗にいうVBEですね。

今回はとりあえず動かすだけなので、Sheet1を選択。真っ白な画面が出てくるかと思われます。

さて、今回実際に動かすプログラムは以下のものです。

Sub test()
	msgbox "Hello world! "
End Sub

超絶短い。簡単の極み。上から、プログラム開始→メッセージボックス出力→プログラム終了、という意味になります。

この3行を貼り付け、実行→ユーザーフォームの実行を選択、動かしてみましょう。

上図のようなメッセージボックスが表示されたら成功です。

 

スポンサードリンク

実行ボタンを作成する

続いて、エクセルのシート上にこのプログラムを実行するためのボタンを張り付けていきます。シートに戻り、開発タブ内のフォームボタンを選択。ボタンを配置したい場所をクリックしてみましょう。

クリック後、下図のように、『マクロの登録』という画面が出てくると思われます。この部分で、ボタンに対応するプログラムを選択する事ができます。今回の場合は、先ほど作成したtestを指定ですね。あとでボタンを右クリックから再編集が可能です。

マクロの登録が終わると、シート上に地味なボタンの姿が!

ボタンをクリックしてメッセージボックスが出現したら成功です。大層乙。

スポンサードリンク