【指数】アーゴヨンの火力指数・耐久指数・対策用実数値ラインとか


アーゴヨン火力指数/耐久指数やPGLデータ、対策用の調整ラインを紹介します

合わせてどうぞ
【ポケモン】ダメージ計算と火力指数・耐久指数
環境上位ポケモン指数まとめ

 

*PGLデータはUSMシーズン7初期のものです

 

スポンサードリンク

アーゴヨンとは?

ただし炎は尻から出る。

ウルトラサン、ウルトラムーンで追加されたUBの一体で、毒+ドラゴンという貴重な複合が特徴的です。竜+毒+炎の技範囲は凄まじく、ヒードラン以外の大抵の相手に打点をとることが可能。悪巧みによる崩し性能と高いCS種族値も相まって、特殊ATとしてはかなり高性能なポケモンです。ただし炎は尻から出る。

耐性は独特で優秀ですが、耐久数値自体は紙に毛が生えた程度。不一致弱点や一致Zなどであっさり落ちます。命の玉所持のの場合はさらにペラくなるので、極力被弾は避けたいところですね。

余談ですが、『本来の素早さ種族値は151だった説』が語られる、性能や見た目からギガラティアスやギガスピアーと呼ばれる、などとネタ方面も完備しております。あと炎は尻から。

 

アーゴヨンの基本スペック

タイプ : 毒・ドラゴン
弱点(2倍) : 地面・エスパー・氷・ドラゴン
耐性(半減) : 格闘・毒・虫・炎・水・電気
耐性(4半減) : 草

特性 : ビーストブースト
性格 : 臆病(92.8%) / 控えめ(6.7%)
持ち物 : ドラゴンZ(54.5%) / 気合いの襷(21.2%) / 命の玉(7.4%) / 拘りスカーフ(6.5%)

種族値 : 73-73-73-127-73-121
仮想最低実数値 : 148-70-93-147-93-141(A0考慮)
仮想最高実数値 : 180-137-137-196-137-190
よくある実数値 : 148-x-93-179-94-190(臆病CS)

*投稿現在は臆病CSぶっぱが多めですが、ビーストブーストで素早さが上がるので注意。

 

スポンサードリンク

対アーゴヨン用:確定ライン

以下の表は、無振りアーゴヨン物理攻撃D4振りアーゴヨン特殊攻撃確定1を取るのに必要なA(C)実数値を並べています。ステロ込や道具補正など、詳しい数字を計算したい方はこちらのツールをお使いください。

物理_無振り(実数値H148-B93)
特殊_D4振り(実数値H148-B94)

アーゴヨンの火力指数・耐久指数

物理耐久指数 : 13764 / 16740 / 24660
特殊耐久指数 : 13764 / 16740 / 24660
物理耐久確1 : 36221 / 44053 / 64895
特殊耐久確1 : 36221 / 44053 / 64895

*アーゴヨンの耐久指数です。左の数字がHB(D)無振り、真ん中の数字はH252振り、右の数字はHB(HD)特化の数値となります


ヘドロウェーブ(94.0%) : 20948 / 25508 / 27930
流星群(84.4%) : 28665 / 34905 / 38220
大文字(62.1%) : 16170 / 19690 / 21560
火炎放射(33.9%) : 13230 / 16110 / 17640
目覚めるパワー(19.7%) : 8820 / 10740 / 11760
龍の波動(12.7%) : 19845 / 24165 / 26460
蜻蛉返り(12.3%) : 4900 / 5810 / 6510
ヘドロ爆弾(4.4%) : 19845 / 24165 / 26460
10万ボルト(3.0%) : 13230 / 16110 / 17640

Z流星群 : 42998 / 52358 / 57330

*アーゴヨンの技の火力指数です。左の数字がC無振り、真ん中がC252振り、右がC特化時のものです
*蜻蛉返りの項目のみ、左からA0下降時、A下降時、A無振り時の指数となります
*等倍で確定1耐えに必要な耐久指数は、これらに0.45を掛けることで求めることが可能です


悪だくみ : 69.5%

*補助技の採用率です

スポンサードリンク