【顔面崩壊】獄・オニゴーリ対策一覧


前回記事で書ききれなかった害悪型のオニゴーリの対策を紹介します。アレルギーの方は十分注意してお読み下さい


合わせてどうぞ
>ポケモンランキングまとめ
>【ポケモン】ダメージ計算と火力指数・耐久指数
>【顔面崩壊】オニゴーリ対策一覧

 

*S上昇+絶対零度命中の流れは非考慮です
*PGLデータは5/6現在のものとなります

 

スポンサードリンク

Z技

7世代の目玉要素、Z技を使った対策です。必中の為回避率に左右されずにダメージを通せる事、4半減ながら守るを貫通してダメージを通せる事が強みです。等倍の場合、火力指数が51411以上あれば守るの上から身代わりを確定で破壊でき、さらにS勝ちもしていればループを崩壊させる事ができます。一度きりの大技なので、身代わりを合わせられることがないようにしたいところです

効果 : 守る貫通(ダメージは1/4)、必中
技例 : Zストーンエッジ、Z気合い玉など
失敗例 : 身代わりを合わされる

 

とんぼる+高速/先制AT

後攻蜻蛉やボルトチェンジで身代わりを破壊しながら高速アタッカーに繋ぎ、上から殴るだけ。サイクルパ御用達の戦術で、非常に汎用性が高い事が特徴です。但し回避や耐久が上がっていると身代わりが壊せなかったり、Sが上がっているとエースで上を取れなかったりと、残念ながら対策適性は高くありません。対ゴーリに限らず、下から身代わり破壊+上から攻撃は守身代対策の常用法です

効果 : 守身代ループの突破
技例 : ボルトチェンジ、とんぼ返り(火力指数1285以上で身代わり確定破壊)
失敗例 : 耐久上昇でとんぼるでの身代わり破壊失敗、回避上昇
使用可能ポケモン : カプ・コケコランドロスなど+メガハッサムなど

 

PP枯らし

所謂ノイクンやノイティといったPP枯らしポケモンを使って、オニゴーリの行動を抑えます。特に絶対零度のPPを枯らせる事ができれば、後続の耐久ポケモンで受けきる事も十分可能となります。そのうち全てのPPが尽きて顔面崩壊悪足掻きを起こすらしいです。長い戦いになるので、持ち時間には十分注意してください。(情報提供感謝です!)

効果 : ゴーリのPP削り
使用可能ポケモン : エンテイスイクンなど

 

スポンサードリンク

トレースポリ2

テラ泥仕合。ポリ2の特性トレースでムラっけをコピーして、互いのムラを比べます(謎) ゴーリが絶対零度不採用型(41.3%)の場合は、自力で勝る+再生持ちのポリ2が勝ちやすいです。採用個体と対面した場合は8回避けましょう。気合いで避けましょう。

効果 : ムラっけスーパーファイト
失敗例 : 絶対零度命中
使用可能ポケモン : ポリゴン2など

 

アンコール

対策になりそうでそうでもない技。守身代マンを守るマンか身代わりマンにジョブチェンジさせるだけなので、直接の対策にはならない事が多いです。回避アップの影響を受けて外れることもあるので注意。滅びの歌持ちなどと組み合わせれば零度事故を防げるので、そういった使い方ならありでしょうか

効果 : 身代わり貫通、行動制限
失敗例 : 回避上昇
使用可能ポケモン : アシレーヌキュウコンRなど

 

黒い霧

こちらも直接の対策にはなりませんが、黒い霧を使うことでお互いのステータスをリセットします。守るも身代わりも貫通するので、相手に積まれなくなるのが強みです。零度の試行回数を稼がれるケースが多いので注意。まもみが対策と併用して使えると処理が安定します。同様の効果を持つクリアスモッグは守る・身代わりを無視できない為、残念ながら対策適性は高くありません

効果 : 守る/身代わり貫通、ステータスリセット
失敗例 : 絶対零度命中
使用可能ポケモン : カプ・レヒレドヒドイデなど

 

悪戯電磁波/悪戯毒々

6世代で流行した悪戯心を使った対策です。後攻で身代わりを破壊した後、特性の悪戯心で優先度強化された状態異常技を使い、ゴーリの機能を停止させます。ムラっけによりSが上がっていても問題なく使える点が特徴です。特に猛毒が入れば、そのまま悪戯守身代でゲームセットまで持っていけます

効果 : 守身代ループの突破
失敗例 : 耐久/回避上昇
使用可能ポケモン : クレッフィボルトロス化など

 

番外:ヌケニン

特性の不思議な守りによってゴーリの使える技を全て無効化できる、対ゴーリ最終兵器です。但し天候でもステロでも毒でもその他諸々でも即死する、そもそも選出してこない、圧倒的なまでの汎用性の低さ、という現実的ではない性能となります。愛があれば何とかなります

効果 : 完全勝利
失敗例 : 即死

使用可能ポケモン : ヌケニン

他にもこんな対策があるで!という方は教えていただけるとありがてえです

スポンサードリンク