【まれによく見る】中堅・マイナーギミックまとめ【その3】


ポケモンのシングルレートで見なくもないギミックを紹介していきます。その3。


合わせてどうぞ
ギミックパーティまとめ
【まれによく見る】中堅・マイナーギミックまとめ【その1】
【まれによく見る】中堅・マイナーギミックまとめ【その2】

 

スポンサードリンク

ギミックパーティーとは?

特定のポケモンや技の組み合わせでコンボを発生させ、対戦を有利に進める構築を指します。中には成功したらほぼ勝ちとなる、強力なギミックパーティーも。本ページではちょっと珍しい並びについて紹介しますので、暇つぶし程度にどうぞ。

*強さは保証しかねます
*エアプや妄想を多分に含みます
*トリルや天候といったメジャーギミックは紹介しませんのであしからず

 

追い風構築

ダブルバトルでは非常にメジャーな追い風構築ですが、ターン数の都合上シングルではさほど多くありません。脱出ボタンでターン数を抑える、起動役自身がアタッカーになるなど、上手く活かすには一捻り必要です。因みにZ追い風は急所率が2段階上昇する効果が追加されるので、確定急所構築(その1参照)に組み込むのも面白いです。

起動役に脱出ボタン持ちファイアローを採用することが多いようです。特性によりほぼ確実にギミック始動できるアローさん素敵

使用例1:脱出ボタンファイアロー
使用例2:強運トゲキッス+飛行Z

 

昆布特化

ステルスロックなどのスリップダメ技+強制交代技でダメージの蓄積を狙う、所謂昆布戦法に特化した戦術です。普通はカバルドン等の起点作り役が単体で行うものですが、PT単位で強制交代技を多く採用する事で、莫大なスリップダメを与えます。中には眠る+寝言で先行吠えるを発動させる変態猛者もいる模様。

ちなみに昆布の名前の由来はコンボの誤字説が有力です。本当にどうでもいい。

使用例:ステロカバルドン+鬼畜プテラ(眠る寝言吠える吹き飛ばし)

 

レパドー・レパルガッサ

特性悪戯心のレパルダスで、優先度+1の猫の手を使う戦術です。猫の手は手持ちにいるポケモンの技をランダムに使う技ですが、変身や気合いパンチなどの一部の技は絶対に出ないようになっています。この仕様を悪用利用し、キノコの胞子等の強力な技を確定で使用できるようにします。6世代の頃よく遭遇したレパルガッサメタモンは、それぞれのタイマン性能がそれなりに高いことが特徴でした。

悪戯心の弱体化やサイコフィールドの蔓延のせいか、現在は殆ど見ない並びです

使用例:悪戯心レパルダスキノガッサメタモン

 

スポンサードリンク

パチドー

こちらも猫の手を使用した並びで、超のつく変態構築です。前述した猫の手の仕様を利用してパッチールにVジェネレート(BDSが一段階下がる)や流星群(Cが2段階下がる)等のデメリット技を打たせ、特性天邪鬼によって能力を上げていきます。合計種族値360のぶちパンダが伝説や幻ポケモンの専用技や竜の最終奥義をブッパしてくる姿はテラシュール。強いかは知らんです。エアプ。

因みにパッチールはバトンタッチを習得可能なため、上がった能力を…いやなんでもない

使用例:天邪鬼パッチール+ドーブル

 

イリュージョン構築

手持ちのポケモンに化ける特性イリュージョンを持ったゾロアークを使い、相手を翻弄します。ゾロアークのスペックが微妙に高くないことや、特性がはがれると2体分の選出を知られてしまうといった欠点がありますが、何より意表がつけます。ゾロアークは卵技で置き土産を覚えるので、都合が悪くなったら退場してもいい、くらいの感覚で使うのもありですね。雑。

ゾロアークを使ったパーティは幻影パとか影パとか呼ばれます。かっこいい。特にグソクムシャと組み合わせると影武者構築。超かっこいい。メガリザと組み合わせるとXYZ構築。微妙。

使用例:ゾロアークリザードンとか

 

番外:パワトリツボツボ

自身のAとBの実数値を交換する技、パワートリックを採用したツボツボを活かせるように工夫した構築です。物理を処理するプレイング、エッジを当てる強運、そして何よりツボツボに対する愛が試されます。パワトリが成功した際のエッジの火力指数は46200、物理耐久指数は3810(大爆笑)

余談ですが、パワトリツボツボ+物理受け5体、という愛に溢れたパーティとマッチングした事があります。

使用例:パワトリツボツボトリックルームポリ2

他にもこんなギミックがあるで!という方は教えていただけるとありがてえです!

スポンサードリンク