【レビュー・感想】マリオカート8デラックスを遊んでみた


2017年発売のswitch向けソフト『マリオカート8デラックス』を遊んだ感想を垂れ流していきます。よろしければお付き合い下さい。

合わせてどうぞ
バージョン1.3.0アップデート後のマリオカート8DX。愚痴とか。
【レビュー・感想】マリオカートDSを遊び直してみた

スポンサードリンク

作品の満足度

マリオカート8dx
©2017 Nintendo
swichブームの火付け役、マリオカート8デラックスのレビューです。大人気シリーズの最新作というだけあり安定の面白さ、更にゲームハードとの相性が光る、文句なしの良作でした!個人的な満足度は95%、このゲームの為にニンテンドーswitchを買う、という選択も十分考えて良いレベルです。

 

完全版マリオカート8

ビッグブルー
©2017 Nintendo

前作、WiiU版マリオカートの完全版として発売された8DX。前作でDLC扱いだった追加16コースを含む全48コースが最初から収録されていたり、ウルトラミニターボなどの仕様変更がされていたり。他にもスプラ組をはじめとしたキャラ増員など、まさに8のデラックスです(謎)

中でも嬉しかったのは、200ccのタイムアタック機能が追加されたこと。速さを生かした変態的なショートカットも発見され、通常(150cc)とは一味違う楽しみ方ができるように。気になる方は『200cc ビッグブルー』で検索するがよろし。

バトルモードも大幅に変更されたようですが、無知を晒しそうなのでここでは割愛です。

 

スポンサードリンク

加速するアイテムバトル

アイテム2個
©2017 Nintendo

アイテムで戦う、他作品とは一線を画したレースゲーム、マリオカートシリーズ。最新作の8DXでは、戦いのカギであるアイテムを2つ所持することが可能に。過去作では装備という形でしか2個持ちができなかったので、この変更により走り方が大きく変化しました。

1位がテレサ(アイテム泥棒)対策で裏バナナを狙ったり、良アイテム狙いであえて順位を落としたり。走力以外での駆け引きも、より重要なものになっています。

 

ハードとの相性が良好

ニンテンドーswitchの『持ち運べる据え置きハード』としての性能と、対戦主体のマリカとの相性が抜群に良いです。ハード1つとソフト1本でどこでも2人対戦が楽しめる、というこの組み合わせは非常に魅力的。1レースに要する時間も然程長くないので、少しの空き時間に複数人で楽しむことが可能です。

3人や4人で対戦することも可能ですが、画面サイズの問題があるので、スクリーンに接続する、もしくは2台以上のハードを準備することを推奨します。

 

デスコン勘弁

被弾の連鎖、所謂デスコンを喰らうと、順位もやる気も一気に削がれてしまうのが残念なところ。特にラグが大きい世界部屋では謎判定から被弾祭りが始まりやすく、コントローラを放り投げたくなる衝動に駆られます。さっきまで首位だったのに、棘赤緑落下で後ろに誰もいなくなっていた。何を言ってるかわからないと思うが…なんてことも珍しくないです。緑の跳弾が謎すぎるのも納得が云々。

被弾後の無敵時間がもう少し長ければ緩和されるのでしょうが、デスコンが起きないと首位独走を止めにくいのも事実。プレイヤーとしては割り切る必要があるのでしょうか。

と書いておりましたが、1.3.0アップデートで大幅に改善されました!詳しくは↓の記事をどぞ。

 


デラックスの名に恥じない超良作ですので、switchを持っている方は是非。持っていない方も是非。

©2017 Nintendo

スポンサードリンク