プログラミング超初心者がやらかした4つのミス


プログラミング完全初心者の自分が3か月くらいC++(DXライブラリ)を扱ってきて、多くやらかしたミス4つを羅列していきます。

 

スポンサードリンク

1. if文の分岐条件をやらかす

数だけならダントツで1位。if(/*条件*/)の条件部分を正しく書いていなかった場合のミスです。主に多かったのは以下の3つ。

  • 「=」を1つしかつけない
  • 「&&」「||」の使い方を間違える
  • 「a<X<c」の使い方は出来ない

 

「=」を1つしかつけない

もはや慣れ親しんだミスです。プログラム上での「a=20」の記号の意味は、「aに20を代入する」なんですよね。aと20が等しいか確認する場合は、「a==20」と書かないといけません。

if(a==53)DrawString(0,0,”ちくわ”,white);

 

「&&」「||」の使い方を間違える

「&&」は論理演算でいう「AND」、「||」は論理演算でいう「OR」です。「&&」は複数の条件を同時に満たしているかの確認、「||」は複数の条件のどれかを満たしているかの確認ができる機能を持っています。これら複数個を組み合わせると、妙に難解な分岐文が出来上がってしまいます。

if(((a%20)<5&&b<30)||c<30){/**/}

else文はNOT演算になるため、「&&」「||」と組み合わせるとさらに面倒に。実はまだまともに理解していません(えー)

 

「a<X<c」の使い方は出来ない

a<b<c、よくある大小表現ですが、何故かプログラムではこれが使えないと。代わりとなるのは「&&」です。ま た お ま え か 。

if(a<b&&b<c){/**/}

 

2. 全角スペースをやらかす

目に見えないバグ程面倒なものってありませんよね。プログラムのどこかに1つでも全角スペースがあると、エラーを吐かれてしまいます。テラ面倒臭え。

if(a<b&&b<c){/**/} 

先ほど使った文と見た目上は一切変わりませんが、{} の外に全角スペースが一つ入っています。これだけでエラーになってしまうという。全角スペース、恐ろしい子…!

 

スポンサードリンク

3. ファイル指定の場所をやらかす

こちらは画像やヘッダーファイルの場所指定の時に起きる奴ですね。c++ファイルを新規作成したsorceフォルダに入れたり、hファイルをincludeフォルダに入れたり。そういったファイル移動の後は、すべてのパス指定文を確認しないといけませんな。

include “include/all.h” //これを

include “../include/all.h” //こう変更

 

4. 変数の初期化忘れをやらかす

宣言した変数に値を入れないまま使用すると、プログラム実行中に突然止まります。こわいですね(コナミ)ちょっと極端な例を出すと、

int cnt;
if(cnt<60){/**/}

冗談抜きでこんな使い方をしまくっていました。今になって改めて見てみると、私ってホント馬鹿(魔法少女風)今は宣言時にとりあえず0を代入して置く、といった雑な対応で何とかしています。

 

最近ではやっとプログラミングに慣れてきたのか、こういったミスもそれなりに減ってきました。それでも時々無意識に全角スペースを打ち込んでしまい、行き場のない焦燥感に苛まれたり。馬鹿ですねー ←

それでは、またどこかで。最後まで読んでいただいて感謝です!

スポンサードリンク