【レビュー・感想】リズム感皆無な人間がバンドリ/ガルパを遊んでみた話


話題のリズムゲー『バンドリ/ガールズバンドパーティ!』を、リズム感皆無の雑魚が遊んでみました。感想やらなんやらを記しておきますので、よろしければお付き合いください。


バンドリ/ガールズバンドパーティ!とは

ガールズバンドパーティ
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

余りにも予備知識がなかったので、少し調べてみました。そもそも『バンドリ(BanG_Dream)』とは、とググってみたところ、

ガールズバンド『Poppin’ Party(ポッピンパーティー)』のメンバーが実際のバンドとキャラクターを演じるという、メディアミックスプロジェクト。

pixiv(https://dic.pixiv.net/a/BanG_Dream%21)より抜粋

こんな情報が。

そして『ガルパ(ガールズバンドパーティ!)』は、『バンドリ』シリーズのスマートフォン向け音ゲーアプリのようです。ただしジャンルは『リズム&アドベンチャーゲーム』ということで、ストーリーにも力を入れている模様。

公式サイトはこちら、気になった方はクリックして、どうぞ。(別タブで開きます)

正直、全くの素人目線からすると○ブ○○ブや○○ド○マス○ーとの違いが分からん。なんてことはブログにも書けません。

 

スポンサードリンク

プレイ記・開始1時間ぶんくらい

ザックリとしたプレイ記を残しておきます。それなりに長い+画像多めなので、折り畳み表示にしておきます。興味のない方はスルーして、どうぞ。

プレイ記を見る

正直、すぐにアンストするだろうと思いながらインストール。とりあえずキャラはかわいいです。

©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

さて、注目(?)のデータダウンロード画面。最近のゲームは、この時の画面でキャラクター紹介をしてくることが多いようでして。実際、この『ガルパ』も、同様の手法をつかってきました。実際のスクショがコチラ。

DL画面1
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.
DL画面2
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

…登場人物多いな。全5ページありましたので、たぶんDL画面だけで25キャラをどどっと紹介していました。個人的に青葉さん(スクショ2枚目)のキャラデザ好きです。特にパーカー。

余談ですが、私の携帯はiphone5s。正直化石感スペック不足が否めず、データDL中にも3回くらい落ちました。SEほしい。

そうこう言っているうちにダウンロードが完了、チュートリアル突入です。可愛らしい少女さんがフルボイスで話し始めました。

チュートリアル
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

なお、興味はなかったのでメニュー→スキップを選択。おい。

チュートリアル2
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

お次は操作解説を兼ねた、音ゲーモードのお試しプレイ。流石に始まったばかりなのでなので難易度はマイルド、素人アンド素人の自分でも無事にクリアできました。

チュートリアル3
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

その後各種云々合って、チュートリアルは終了でした。ここまでにかかった時間は5~6分くらいでしょうか。リセマラはそこまで辛くなさそうですね。しないけど

チュートリアル終了
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

その後の流れは、楽曲ライブをしながら、条件が満たされたらストーリーを進める、という形。5つのバンドにそれぞれのストーリーがあるようです、それぞれのドラマがあるようです、でも全部スキップしました。ごめんなさい。

バンド別
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

そのままライブ→ストーリーの流れをサクサクと進めていって50分ほど。ぼちぼち石がたまってきたので、5連ガチャを引いてみました。結果↓

ガチャ1
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

良いのか悪いのかわからない結果になりました。溜め直してもう一回↓

ガチャ2
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

星の数的に爆死かと思いましたが。排出確率を確認してみたところ、わりと悪くない引きだったようです。

  • 星4 → 1.5%
  • 星3 → 8.5%
  • 星2 → 90%

渋きガチャ、F○Oばりの難度ですね。ガチ勢のみなさんは少し大変そう。

このあたりで1時間が経過。いろいろと新鮮な時間でした。

アプリのレビュー的ななにか

実際に遊んでみての感想、レビューのようなものを記しておきます。あらかじめ、レビュー者のステータスを示しておきますと、

  • リズム感皆無(太鼓の達人ACで『ふつう』のクリアが怪しいレベル)
  • アイドル系ゲーム未経験
  • そもそもアイドル系ゲームに興味なし
  • ついでに音ゲーにも興味なし

のような人間です。これだけみると、何故アプリをダウンロードしたのかがよくわからないレベルですね。また、この手のアプリを遊ぶのは初めてですので、相対評価はできません、あしからずです。

さて、結論から言いますとこのアプリ、↑のような人間でも十分楽しめました。正直、ゲーム要素はそれほど琴線に触れていませんし、アイドル要素のついては特に興味がわかなかったので全ストーリースキップたぶんスタッフやファンの皆様には物凄く無礼なことをしておりますが、それは置いておいて。

最も魅力的に感じた点は、有名曲のカバー曲が大量に収録されていること、そしてその一曲一曲がなまら良いこと。むしろ、音楽を聞くために音ゲーをしているというか、音楽を聞くことに集中していて音ゲーを放棄するというか。

 

スポンサードリンク

気に入った楽曲

個人的に気に好みだったカバー曲を並べていきますと、

  • アスノヨゾラ哨戒班(ボカロ曲)
  • great escape(進撃の巨人season1後期ED曲)
  • カルマ(BUMP OF CHICKEN)
  • 空色デイズ(天元突破グレンラガンOP曲)
  • Butter-Fly(デジモンアドベンチャーOP曲)

などなど。他にも紅蓮の弓矢シュガーソングリトバス天体観測など、アニソンを中心に多数収録されています。

なお、カバー曲は一部は初期から解放されているものの、大半はショップで『音色のクリスタル』10個と交換して開放することになります。

このクリスタル、チュートリアル報酬で20個、ストーリー各話クリアで1個、などとプレイを進めていくことである程度入手できる仕組みのよう。自分は真っ先にアスノヨゾラを開放しました。

楽曲購入
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

プレミアムハッピーボックス』とやらで入手することも可能なようですので、ハマった人は購入もありです。自分はしてません。

勿論、オリジナル曲も多数収録されています。こちらも良曲が多いらしいですね。自分はまだ聞いていません。

 

素人視点の総評

音ゲーもアイドルゲーも素人な雑魚がアプリ評価をするなど、おこがましいにも程がありすぎて土下座したくなりますが。敢えて総評という形で示しておくなら、

カバー曲を聞く目的でも十分遊べるレベル

とします。満足度にすると85%ほど。あくまでもクソ雑魚ナメクジ目線ですので、音ゲー経験者にどう映るかは知ったことではありませんが。とりあえず自分視点では、このような感想を残しておきます。

ただ、今のところは曲解放目的でしかゲームを進めていませんが、キャラデザやボイスも度々魅力を感じたりするので。プレイしていく中で、もしかしたらそっち方向に目覚めてしまうかもしれませんね。

なんにせよ、音楽アプリと割り切るのはあり。なお割り切った結果がこちら。

設定画面
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

はい、(今のところ音楽聞く以外の目的は)ないです。それではまた。

スポンサードリンク

余談ですが、ポケモンのレートで使用されるバンギラス+ドリュウズの並びも、バンドリ構築と呼ばれます。どうでもいいですね。